本日 5 人 - 昨日 3 人 - 累計 10080 人

変更登録

  1. HOME >
  2. 変更登録
自動車の「変更登録」とは

「住所」「氏名」「所有者の氏名または名称」「使用者の変更」「使用の本拠
の位置」等に変更があった場合に行う手続きです。


引越しによる自動車の住所変更の手続きは、変更があってから15日以内に行う必要があります。
もしこれを忘れていると、車を売るとか廃車にするとか言う場合に面倒なことになるので、
早めに変更登録をしておきましょう。

引越した先が旧住所のナンバーを管轄する陸運局(陸運支局・登録事務所)と異なる場合は
ナンバープレートも変更になります。
たとえば、名古屋市内 → 豊田市内に「使用の本拠」が変わった場合、西三河登録事務所に
自動車を持ち込んで、「豊田」ナンバー(ご当地ナンバー)に移転登録しなければなりません。


【変更登録手続きに必要な書類】

委任状     委任状とは、その名の通り名義変更の手続きを委任するときに必要になります。
     
         これがないと本人の出頭が要求されますので、誰かに任せる場合は用意しましょう。     
         書き込むのは用紙下にある「委任者」の欄に「氏名」「住所」を記入します。

         印鑑は「認印」で結構です。


車検証     これは車の中に必ずあるはずです。現在所有者の方は委任者に、新所有者の方は
 
         現在所有者び車検証を準備してもらうように頼みましょう。

・住民票等    個人の場合で「所有者の住所」が変わった場合は、変更内容の確
 
         認できる住民票等
(住所つながらない場合は住民票の除票や戸籍の附票)
    
         が必要です。

         氏名が変更になった場合は、戸籍謄本等が必要になります。

         法人の場合は、名称・所有者の住所の場合とも、登記事項証明書(全部事項証明書)

         も車検証と一緒に委任者に渡しましょう。

自動車保管場所 いわゆる「車庫証明」です。使用の本拠を管轄する警察署で取得します。
 申請書     取得には3~4日かかりますので、現在所有者からあらかじめ車検証のコピーを
         もらっておくとスムーズに手続きが進みます。